あなたのMLMはチャンスの提供?犠牲の提供?


ライン

チャンスの提供?犠牲の提供?

こちらのスペースでは「チャンスの提供であるべき」という原理原則についてお伝えします。


原理原則から逸脱すればするほど不適切なMLMとなり、失敗確率が高まってしまいます。

商材による原理原則
報酬プランによる原理原則
展開方法による原理原則
育成方法による原理原則

などなど・・・

ここに、普通の人にとっての現実を確認させてください。

・多くのメンバーは、時間も人脈も経済的にも厳しい普通の人たちである

・0人から数人のリクルートしかできないメンバーが大半である

・これらの普通の人たちが、参加そして生存しつづけられないMLMは、高い確率で失敗に終わる

多くの人たちは、大きな勘違いをなさっているのではないでしょうか?

MLMは、「美しくなる」「健康になる」「経済的に豊かになる」そのための「チャンスの提供」であって、「犠牲の提供」であってはなりません。

普通の人は、多くの犠牲者を伴うMLMで成功できるはずがありません。

「犠牲の提供MLM」を親しい友人知人に言えますか?

確率高く犠牲者となってしまうMLMは、言えませんよね。。。

では、他人に言いますか?
実力も人柄もわからず、いつメンバーが出来るか分からない不毛の作業をつづけられますか?


初期費用とランニングコスト

一例として「初期費用とランニングコスト」について考えてみましょう。

リピート製品についての初期費用(ビジネスポジション取得)において、5万円10万円20万円と購入することって、どうなのでしょうか?

1万円2万円もの定期購入って、どうなのでしょうか?

経済的余裕も人脈も時間もない多くのメンバーにとって、どうなのでしょうか?



「凄い報酬プランだから・・・」と聞かされるたびに、ア然とさせられます。

多く購入することで、大きな報酬プランを適用できる企業も多いでしょう。

しかし、リクルートできない人が大半です。
そして、リクルートできたとしても、その新メンバーもリクルートできない人が大半です。

報酬プランというのは、組織を作れた人が手にできる恩恵ですよね?

組織を作れなかった人たちにとっては、リスクの尺度でしかありませんよね。

言葉巧みなプレゼンテーションによって登録しても、組織を作れない厳しい現実を思い知らされるわけです。

そして、典型的なMLM被害者の大量生産となります。

ビジネスだからリスクは付き物だから・・・
他の事業を始めるより、リスクはないんだから・・・

とおっしゃる方もいらっしゃいます。

私は、それでいいとは思いません。

最初の赤字は仕方ないから・・・

とおっしゃる方もいらっしゃいます。

果たして、何割の人が赤字を解消できたのでしょうか?

リスクの提供となるMLMは、力があるリーダークラスを投入できるトップリーダーは上手くいくかもしれません。

しかし、普通の人たちが大きな組織を作ることは限りなく不可能でしょう。


そもそも、人としてどうなのでしょうか?

ビジネスのためだから、多くの犠牲者を出していいのでしょうか?

普通の人たちが確率高く成功を望まれるなら、「犠牲の提供MLM」ではなく「チャンスの提供MLM」が良いのではないでしょうか?


5万円10万円20万円と購入し、多くのメンバーが死に絶える「犠牲の提供MLM」を広められますか?

数千円の購入だけでビジネスポジションを手にでき、ランニングコストも何千円の「チャンスの提供MLM」のほうが広められますよね?

MLMは、メンバーの数が勝負なんです。
少額MLMは、人が増えやすく存続・発展しやすいんです。

数千円程度の一品購入で始められるMLMなら、「チャンスの提供」として友人知人にも話せるのではないでしょうか?


MLMの展開方法

展開方法においては、口コミ展開はどうなのでしょうか?

僅かな友人知人から組織ができますか?

安定組織を作るには、数十人以上のリクルートをしなければなりません。

数十人のリクルートのためには、数百人をセミナーに動員しなければなりません。

出来ますか?

友人知人に嫌われませんか?

高いスキルを要求されるABCはできますか?

人脈が尽きて当たり前ではないでしょうか?

MLMに残されて唯一の成功法が、インターネット集客MLMです。

・チャンスの提供MLM
・インターネット集客MLM
・世界的MLM

そんなMLMだったら、あなたでも上手くいきそうですよね。。。


ライン

ライン



Top Team

Top Team

TopTeam概要はこちらから

真逆の成功法則

このホームページは特定のネットワークビジネスを推奨するものではありません。
この業界に携わる皆様の成功と業界の地位向上を願う思いから製作しています。



↓お役に立てましたら、こちらもお願いします。↓

a:54 t:1 y:1