ネットワークビジネスの被害者


ライン

ネットワークビジネス被害者とは?

「ネットワークビジネスの被害者」って、たまに耳にすることはありますが・・・

事実「被害者」と本人が言っているんだから、「被害者」なのでしょう。



「ネットワークビジネスの被害者」というのは、2つに分類できます。

  • メンバー登録していない被害者
  • メンバー登録している被害者


メンバー登録していない人(ゲスト)が被害者となる場合

以下の2つが、その原因となることが多いようです。

  • しつこい勧誘
  • 強引なクロージング

これは、明らかにいけないことです。



加害者は、一生懸命のあまり分別を見失っているんでしょう。

意外と加害者は「イヤならイヤと言ってくれればよかったのに!」

なんて、罪の意識が薄いことも多々あるようです。



加害者の肩を持つつもりはありませんが・・・

このことってネットワークビジネス以外でもよくあることですよね。

でも、ダメなものはダメ!

私は、説明の途中で・・・

「○○の話に移ってもよろしいでしょうか?」

と、先方に確認しながら進めてまいります。

再度お会いすることとなった場合には・・・

「次回は・・・の説明をさせていただいてもよろしいでしょうか?」

と、必ず確認いたします。



何故、私がそこまで入念にするのか?というと・・・

行き違いよる失礼がないようにするためですよね。

それって大切ですよね。



でも、私には、もっともっと大きな理由があるんです。

それは・・・

紹介者であるメンバーさんの心を護るためです。



一般的には、ゲストはメンバーさんの友人とか知人となります。

  • ゲストに失礼をすることから生じる、ゲストからのメンバーさんへの苦情
  • ゲストに失礼をすることから生じる、メンバーさんからの私に対する不信感

これらを防ぎたいのです。

私にとっては、リクルートよりもメンバーさんの心のほうが大切ですから。


メンバー登録した人が被害者意識を持つ場合

以下の3つが、その原因となることが多いようです。

  • 無理にセミナーに参加させられた
  • 教えてくれない
  • 余計な買い物をさせられた



では、その一つずつやっていきます。



『無理にセミナーに参加させられた』

無理になんて、嫌なことですよね。

では、ちょっと考えてみましょう。
セミナー参加の意義を理解しているかどうかは別としましょう。



「ビジネス意識をもって登録した」というのであるなら・・・

スポンサーもリーダーも「ビジネスでの成功に必要な指導」に入ります。

その時の「セミナー参加意欲に温度差」が生じてしまうことがあります。

そして、「無理にセミナーに参加させられた」という被害者になります。



嫌なら嫌と言えばよかったのでしょうが、言いづらいときもありますよね。

でも・・・最後は自らの意思によって参加を決めたんでしょうね。



私は、すべて自分の判断で行動してきました。

人の言うことは参考にしますが、判断は自分です。

一切、人に責任を求めません。

あとで文句を言いたくないので、人の言葉に左右されません。



もしかしたら・・・ご自身が逆の立場になったなら

「アドバイスはしたけど・・・自分で決めたことなのに・・・」

って、なるかもしれませんよね?


『教えてくれない』

寂しいような心細いような・・・ですよね。

私はというと・・・
 
まず自分で調べることを基礎としています。
自分で起業したわけですから。
   
リーダーはメンバーの成功を願っています。
意地悪をする必要性はありません。
   
なので、

忙しくて手が回らないのかな?
それくらいのことは、自分で調べてください

ということなのかな?と、思ってしまいます。

そのうえで、

教えてくれたらラッキー!

って、感じっです。
 

『余計な買い物をさせられた』

まとめ買いが原因でしょうか。

確かにまとめ買いを勧める人もいるでしょう。

  • 心底から「本人のために、まとめ買いをすべき」と思い込んで勧める人
  • 「自分の利益のために、買わせる」という意識を持って勧める人

いずれにしても、判断したのは自分なのではないでしょうか?
 
かと言って・・・

判断したご自身がすべて悪い!

と、言っているわけではありませんよ。



人にダメージを与えることを指導したリーダーが悪い!

まとめ買いによるプラス面もマイナス面も指導するべきです。



これらのことって、ネットワークビジネスに限ったことではないですよね。

「ネットワークビジネスゆえに・・・」という感覚は、私にはわかりませんが・・・・



成功の方程式=「ビジネス」×「マインド」

多くのメンバーさんをトレーニングしながら、いつも思うことがあります。

それは・・・

起業家として・・・甘え過ぎ!



人からの助けにすがっている限り、

人に責任を求めている限り、

一切の成長はないかもしれません。



どのようなビジネスをするのか?

どのようなマインドでするのか?

を、間違えたらダメですよね。


私は、時間も人脈も経験も知識も何もない男でした。

私にとって確率の高いビジネスを選びました。

私にとって有効なマインドを追求しました。

そして、20年以上稼ぎつづけ、いくつもの夢を叶えることができました。

あなたに適したビジネスとマインドを間違えないで下さいね。



現代ネットワークビジネス唯一の成功法



Top Team
Top Team

TopTeam概要はこちらから

真逆の成功法則


このホームページは特定のネットワークビジネスを推奨するものではありません。
この業界に携わる皆様の成功と業界の地位向上を願う思いから製作しています。



↓お役に立てましたら、こちらもお願いします。↓

a:1317 t:7 y:0